Eagles / The Long Run

 誰かがふいに椅子を蹴ってその場を立ち去ってしまっても、残った者でなんとかなるものだ。だが立ち去ってしまった者がリーダーだった場合、その途端にすべてが終わる。バンドが解散するという事はそういう事なのだ。

 「History Of The Eagles – 駆け足の人生」には、ライヴの真っ最中にもかかわらずGlenn Frey とDon Felder がお互いをステージ上で罵り合う音声が収録されている。一発触発の状態なのだ。そしてライヴ終了と同時に、Glenn Frey がDon Felder のギターを壁に叩きつけその場を立ち去ってしまう。これが実質的なEagles 解散の瞬間だ。なんとあっけない事か。

 この件で一番傷付いたのはGlenn Frey 本人だと思う。野心があり、理想が高く、バンドを頂点まで持っていった張本人だ。誰よりもEagles を愛していたはず。自らの手で終わらせる悲しみは想像を絶するものだと思う。

 現在Eagles はBernie Leadon を加えてツアー中。健康上の理由がなければRandy Meisner も参加していたらしい。残るはDon Felder のみ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です