AC/DC

 村上龍の「オールド・テロリスト」に関して書きたい事がヤマのようにあるのだが、あまりに多忙で文章がまとまらない。なのでとりあえずロック話。

 Queen のBrian May がAC/DC に参加してみたかったと語ったらしい。語った事は事実だろうが、それはあり得ないでしょ!

 Brian May といえば純白のヒラヒラ衣装で、少女漫画に出てくる王子様のような印象。一方のAC/DC といえば、半ズボンにハイソックスで、オマケにランドセルまで背負っている。Brian May がAC/DC と一緒にステージに立つことはどう考えてもビジュアル的に変だ。もっともAC/DC に加入していたとしたら、まったくキャラを変えて一緒にランドセルを背負っていたのだろうか?

 AC/DC のサウンドは非常にソリッドだ。硬質なゴツゴツ感がたまらない。自然と力が漲ってくる。そこにBrian May のきらびやかなギターオーケストレーションがかぶさってくる事になる。どうだろう、やっぱり浮きそうだ。でも反面これはかなり無敵なサウンドという事なのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です