TRADROCK ”Jimmy” by Char

 Zicca から「TRADROCK Jimmy by Char」が届いた。シリーズ第5弾で、今回はJimmy Page。全曲がLed Zeppelin のカバー。

 Zep と云えばギターリフを連ねた大音量ヘヴィロックというイメージだが、そんな期待をChar は見事に裏切ってくれた。CD 収録曲は全てアコースティック・ギターのみの演奏。しかもこれがおそろしくイイ。

 Char の今回の選曲は全て1st と2nd からだ。初期のZep には素晴らしいアコースティックナンバーが多い。Jimmy Page という人は、トラッドとかフォークといった牧歌的な音楽がルーツにあるのだと思う。Jimmy Page の書くこの手の曲は、本当に綺麗なメロディを持っている。ハードなロック系の曲がリフのみで構成され、メロディを全く持っていないのとは対照的だ。

 だからと云って、これからLed Zeppelin をやりますと宣言した後に、サンバーストのレスポールを取り出さず、YAMAHA のアコースティックギターを取り出してくるのはChar くらいだろう。このセンスに脱帽!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です