Van Halen / Van Halen III

 Van Halenの1998年リリースの11枚目「Van Halen III」。3代目ヴォーカリストであるGary Cheroneが、Van Halenに残した唯一のアルバムですね。

 それにしてもこのアルバムは評判が悪いですね~。セールスも大コケ、リリース後のツアーが終わって、Gary Cheroneはさっさとバンドを去り、2004年にリリースされた最強ベスト盤「The Best of Both Worlds」には1曲も収録させてもらえず、まるでその存在自体がまったく無かったかのような扱い。

 そんなにつまらないアルバムかな。大傑作とは言いませんけど、僕はワリと好きなんですけどね。Gary Cheroneって少なくともDavid Lee Rothよりは歌ウマいですよ。声質もイカしてるし、ちょっとダークな感じがたまらない。それとこのアルバム、QueenとかLed Zeppelinのフレーズをソレと分かるように確信犯的に使ってて、そのヘンも楽しかったりしますね。

 Van Halenの歴史の中から綺麗に抹殺されたこのアルバム。そのうち廃盤か。でもいつかプレミアつきますよ、お買い求めはお早めに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です