Yes / Fragile

 Yes。正式な歴代メンバーだけで何人いるんだろ。しかも脱退したり復帰したり、脱退したり復帰したり。更にはYesと名乗れないYes、ABWHまで登場したりと、よほどのファンでないとYesの系譜はイメージできませんね!

 いったいYesとは誰なんでしょ。やっぱりヴォーカルのJon Andersonっていうのが順当なんでしょうけどね。なかにはメインコンポーザーだったSteve Howeって人もいるでしょうし、Bill BrufordのYesしか認めないなんていうコアなファンも沢山いそうです。いったい誰がいればYesなのか?

 僕にとってのYesは、Chris Squireなんですよ。やっぱりYesサウンドって彼のベースが支配してると思うんですよね。代表作である1971年の「Fragile」や1972年の「Close to the Edge」なんて、ヴォーカルよりもベースラインに耳がいっちゃいますからね、そんなバンドはなかなか無いです!

 クリスが一番目立っちゃう理由は、使用してたRickenbacker 4001にあります。独特のあの音質。僕のYesとは、Rickenbacker 4001の音なんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です