Rush / Moving Pictures 2

 ちっちゃな女の娘の「YYZ」、スゴかったですね。Rushと云えば、1980年の7枚目「Permanent Waves」と1981年の8枚目「Moving Pictures」の2枚でキマリでしょ。他にも傑作がありますが、この2枚にはかなわないです。

 Rushで何を聴くかっていったら、Geddy Leeのベースでしょ。他の2人も超テクニシャンなんですけど、どうしてもベースラインに耳が行ってしまう。そんな中でこの2枚のベースの録音が最高にイイんですよ。次作にあたる9枚目の「Signals」も、楽曲やプレイ自体は最高なんですけど、ベースの録音がどうも好きになれない、プロデューサーやエンジニアは同じなのにね!

 調べたワケじゃないんだけど、この2枚と「Signals」以降ではGeddy Leeの使用楽器が違うのかな。この2枚は間違いなくRickenbackerでしょ。音がモコモコしちゃってる「Signals」以降は、リッケンじゃないんでしょうね!

 では、Rushの正しい聴き方をお教えします。真夜中の屋外、iPodを大音量にして夜空の星を眺めます。そしてその後、静かに目を閉じる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です