村上龍 裏JMMの海岸 Q:1258

Q:1258
 名目成長率を欧米並みの3~4% にしないかぎり、どんなに増税しても財政再建はできないという意見(竹中平蔵氏:日経ビジネス2012年4月12日号)があります。この意見は正しいのでしょうか。

 3% だの4% だのという率の問題になると僕には分からないが、ある程度の経済成長がなければ、いくら増税しても財政再建は無理だと思う。

 増税推進派の皆さんは一様に経済成長を諦めているフシがある。もう日本には成長する余地がない。だから増税以外に道はない。でも本当にそうなのだろうか。日本は今後衰退していく一方だと言わんばかりの政府や財務省の態度に、僕は日本の国民として多少なりとも憤りを感じる。

 増税路線に舵を切る事は仕事の放棄だと思う。増税は一番簡単な方法だからだ。税率に上限はない。使った分だけ税金で取り上げればいい。だがそこに努力の跡は一切ない。こんな政策なら誰でも出来る。

 僕は経済成長がすべてだと思っている。そしてその為に出来る事は何でもやるべきだと思う。金融緩和ひとつとってみてもこれで本当に十分なのか。結局のところ臭いものに蓋を出来るのは経済成長だけなのだと思う。増税でこれ以上景気を悪くしないで欲しい。経済成長を諦めないで欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です