村上龍 限りなく透明に近いブルー (16)

新装版 限りなく透明に近いブルー (講談社文庫) 新装版 限りなく透明に近いブルー (講談社)
村上 龍

講談社 2009-04-15
売り上げランキング : 119726

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 村上龍「限りなく透明に近いブルー」は、一昨年の4月に文庫本が新装版に生まれ変わった。新装版になったからと云って内容は変わらない。だが、村上龍のすべてを購入しなければならない僕は、喜んで購入した。

 新装版巻末の解説文は、「蹴りたい背中」で史上最年少での芥川賞受賞記録を更新した綿矢りさである。「ブルー」が当時の最年少記録だった事を思えば、綿矢りさという人選は現状考えられるベストな選択なのだと思う。そしてその解説は十分に読み応えのある素晴らしいものだった。

 新装版は綿矢りさのほかにも良い点があった。字が大きくなっていたのである。最近、歳のせいか小さい字が読めなくなった。小さな字の本を無理やり読み続けると頭痛がするようになったのだ。所詮は文庫本なので、もの凄く大きい字というわけではないが、従来版に比べれば格段に良い。

 しかし残念な事がひとつだけある。カバーの変更である。リリーの顔がない「ブルー」は、中身は良いが外見の悪い女性と同じだと思う。 

 ☆ 村上龍 著作リスト (年代順)
 ☆ 村上龍 著作リスト (五十音順)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です