Jimi Hendrix / Valleys of Neptune (2)

 Jimi Hendrix リマスターのリリースから3週間、Jimi Hendrix を聴かない日はない。最も聴くのが未発表音源集「Valleys of Neptune」。

 正直なところ、これほどまでに素晴らしい出来だとは思ってなかった。没後40年も経つワケだから、既にネタは出尽くしていると考えるのが普通。仮にネタがあったとしても完成度は低くアウトテイクの域を出ないだろう。今回の再発プロジェクトの広告塔にすぎないと高を括っていた。

 だがしかし、甘かった。「Valleys of Neptune」はそんじょそこらの寄せ集め未発表音源集とは全く違っていた。録音時期がすべて揃っているので曲のバラツキがなく、まるで新譜のスタジオ盤のよう。Eddie Kramer のミックスは驚異的で、40年以上前の録音とは思えないほど音が良い。特にギターとドラムスの臨場感がスゴく、まるで目の前で演奏してるかのような生々しさ。楽曲の出来はどれも素晴らしく、Jimi のプレイも本当に凄まじい。

 おそらく当分の間はこのアルバムを聴き続けることになるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です