村上龍 タナトス 3

 小説の登場人物に恋をするといった事ってよくある事なんですかね。今まで内緒にしてたんですけど、僕は「コインロッカー・ベイビーズ」のアネモネに恋をしてるんですよ。あれっ、もうバレてますぅ? 

 アネモネには悪いんだけど、「エクスタシー」に初めてレイコが登場した時、ちょっと恋の予感がしたんですよ。しかも前2作でのレイコの登場場面がとても少なく、かえって期待を膨らませ、想いが募ったんですよね。

 村上龍「タナトス」でそのベールが切って落とされたレイコは、なんと、精神を病んだ女性として登場します。しかも他人との会話が一切成立しないほどイッちゃってるんですよ。ずっと待ち焦がれていた女性がやっと目の前に現れたと思ったら狂っちゃってるんですから、これにはちょっとショックでした。

 じゃあ、レイコは恋の対象から外れたのかって。それがそれが、「タナトス」のレイコは驚くほどに魅力的です。病んだ精神って、結局、澄み切った心と同義語なんですよね。愛おしくてたまらなくなりますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です