村上龍 限りなく透明に近いブルー 9

 今回の記事を書くために10年ぶりに村上龍「限りなく透明に近いブルー」を再読したワケですが、率直なところスゴい作品だと思いました。10年前はあまりに過激なSEX & DRUG描写に振り回されただけだったのだと思います。

 以前の記事限りなく透明に近いブルー2で書いたように、この作品をレビューするというのは一種の義務感のようなものからでした。しかし同時に、実は正直言うと「今の段階で再読すればこの作品を好きになれるかもしれない」という予感があった事も事実なんです。で、その予感は当たりましたね!そして想像以上にスゴかったです。

 「限りなく透明に近いブルー」は10年間に渡って、僕にとって飛ばなければならないハードルだったのかもしれません。ハードルを飛んだ今、僕は嬉しくてしょうがありません。

 あのぉ高笑いしていいですか?ハッハッハッハッ!ハッハッハッハッ!