村上龍 音楽の海岸 2

 僕が熱狂的な村上龍ファンだったとして、それにしてもどうしてブログタイトルを「音楽の海岸」にしたかというと、うーん思いついたとしか云いようがない。

 Bloggerに登録する際に、おもむろにブログタイトルを入力しなければならず、もともとブログをするぞーって張り切って臨んだわけでもなく、一瞬のうちになんとなく浮かんだ単語が龍さんの小説タイトル「音楽の海岸」だったというワケです。

 龍さんの小説タイトルは、「限りなく透明に近いブルー」とか「愛と幻想のファシズム」とか、カッコいいものが多いですよね。この「音楽の海岸」もかなりカッコいい。

 ところで著名な作家の小説タイトルを、勝手にブログタイトルに使用してしまうって、問題無いのでしょうかね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です