村上龍 55歳からのハローライフ (24)

 我が家のTV はシングルチューナー。つまり同じ時間帯にひとつの番組しか録画出来ない。だからと言って不便を感じた事は一度もない。これで十分。

 先週の土曜日、村上龍原作のドラマ「55歳からのハローライフ」の第2回を録画予約しておいた。ところが翌日になって気付いたら、僕の予約はキャンセルされ、見事に裏番組が録画されていた。そうかこういう事が起こるのか!

 という事で「ペットロス」を見損ねた。ちなみに初回の「キャンピングカー」はちゃんと観た。主役のリリー・フランキーがいい演技をしていた。演技というか、それ以前の問題で、そもそもこの人の佇まい自体がとても味がある。そこに立っているだけで物語が完成してしまうような、まるでマジックのような俳優だ。

 ところで見逃した「ペットロス」をどうしても観たくてNHKオンデマンドに会員登録をしようと思い、登録寸前で手を止めた。実は僕は過去ずっとNHK受信料を払っていない。なのでいくらオンデマンドが無料だとしても、ここでヘタな動きをして足がつくのを恐れたのだ。なんかセコい話になってしまった。

“村上龍 55歳からのハローライフ (24)” への1件の返信

  1. Hello there! This post could not be written any better! Reading through this post reminds me of my previous room mate! He always kept talking about this. I will forward this write-up to him. Fairly certain he will have a good read. Thank you for sharing! Erminia Elmore Cicero

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です