佐久間正英 / SAKUMA DROPS

 音楽プロデューサーの佐久間正英が亡くなった。享年61歳。

 3月に「Sakuma Drops」なるコンピレーションがリリースされる予定で、なお且つ、昨年末にはNHK でドキュメンタリーが放送されていた。何故この時期に佐久間正英なのだろうと実は思っていたのだが、本人含め、皆、死期が間近に迫っている事を知っていたのだ。だからこの時期なのだろう。

 佐久間正英には強烈な思い入れがある。それはプロデューサーとしてではなく、四人囃子のベーシスト・コンポーザーとしてだ。僕は四人囃子が大好きだった。高校生の頃に一番聴いた邦楽ロックは、Char でもRCサクセションでもなく四人囃子だった。四人囃子の音楽を聴いていると、現実を忘れる事が出来た。異次元の世界に旅しているような気分になったものだ。

 「Sakuma Drops」のトラックリストを見ていると圧倒される。日本のロックシーンはすべて佐久間正英なのではないかと思えるほどだ。これらの楽曲も素晴らしいが、やはりまずは四人囃子から聴こう。ご冥福をお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です