Peter Gabriel / And I’ll Scratch Yours

 Peter Gabriel が新譜「And I’ll Scratch Yours」をリリースした。正確に云うと新譜ではなく、他のアーティストがPeter Gabriel の楽曲を歌っている。

 数年前、Peter Gabriel はカバーアルバム「Scratch My Back」をリリースしており、そこでカバーされた側のアーティストが、今度はお返しにPeter Gabriel の曲を歌うという企画で、よくあるトリュビュート盤とはちょっと違う。

 参加アーティストは、昔からのロックファンに馴染みのあるところでは、David Byrne、Randy Newman、Brian Eno、Lou Reed、Paul Simon などで、Lou Reed が「Solsbury Hill」、Paul Simon が「Biko」を歌うらしく、選曲が意外な感じで面白い。又、Feist という人がPeter Gabriel とデュエットで、名曲「Don’t Give Up」を歌っているらしい。Kate Bush に勝てるのだろうか?

 Peter Gabriel は、どこか孤高の人というイメージがする。Mick Jagger やSteven Tyler も良いが、それと全く違うカッコ良さがある。強いて云えばDavid Bowie に近い。アルバムジャケットからしてそれを物語っていると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です