村上龍 希望の国のエクソダス (25)

 村上龍の「オールド・テロリスト」を読んでいたら、山方という人物が登場した。山方は「希望の国のエクソダス」で活躍した文部官僚だ。

 山方、正直なところどんな人物でどんな役回りだったのか、直ぐに思い出せなかった。少なくとも「オールド・テロリスト」の山方はかなりカッコいい。そして頭もきれる。これは与えられた役回りも相当重要だろう。こうなると「希望の国のエクソダス」の山方をもう一度確認したくなる。

 という事で、必死の思いで本置き場を探すのだが、案の定「希望の国のエクソダス」を見つける事が出来なかった。「最後の家族」と同じパターンだ。読みたい時にその本を見つけられない。これほどストレスな事はない。もし「希望の国のエクソダス」がKindle ストアで売られていれば速攻クリック電撃買いなのだが、当然のように売ってない。そしてここでもまたストレス!

 我が家の本置き場はなんとかしなければマズい。そして村上龍がAmazon で電子本を売らない以上、Kindle だけいじって喜んでる場合ではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です