吉田拓郎 / 今はまだ人生を語らず

 僕が生まれて初めて買ったLPレコードは、吉田拓郎の「今はまだ人生を語らず」だ。その後現在に至るまでずっとロックを聴き続けるようになった原点がこのLPの中にある。1曲目を飾る「ペニーレーンでバーボン」だ。

 広く知られているように「ペニーレーンでバーボン」に登場する「つんぼ桟敷」という歌詞が差別用語だとして、レコード会社の勝手な判断により現在このCDは廃盤だ。オークションで20000円以上払ってやっと中古が手に入る。

 僕は吉田拓郎の中で「ペニーレーンでバーボン」が一番好きだ。頭から最後まで今でも軽く歌う事が出来る。この曲に纏わる思い出もいっぱいある。何しろ初めて買ったLPの1曲目なのだから。それなのに僕はこの曲を30年以上も聴いていない。聴くことが出来ないでいる。20000円以上出して中古CDを買うか、レコードプレーヤーを買えばいいと云われるかもしれないが、そんな事までしなければいけないなんてものすごく理不尽だと思う。

 「ペニーレーンでバーボン」は日本語ロックの最高峰なのに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です