Journey / Don’t Stop Believin’

 ところで産業ロックの定義がWiki に載っていた。「長髪にジーンズとTシャツ、情緒的で類型的なメロディ、大げさなアレンジ、厚い音、歌い上げるような唱法、アヴァンギャルドでない音楽性、管理されたマネージメント」。

 なるほど妙に納得だ。どうやら名付け親は、僕がティーンの頃に師匠と仰いでいた渋谷陽一らしい。渋谷陽一ならこの手のバンドを嫌悪する気持ちも理解できる。あの頃の渋谷陽一の影響力は凄まじかった。名指しで攻撃されたバンドは運が悪かったと思って諦めるしかない。

 断っておくが、僕は産業ロックも好きだ。特にJourney に関して言えばかなり好きな部類だ。歌も上手いし演奏も上手い。楽曲も良い。

 そういえばJourney の新ヴォーカリストは、YouTube でJourney の曲を歌っていたところを、偶然Neal Schon が見つけて、そのままバンドに加入させたらしい。まさにアメリカンドリーム。しかもその過程がドキュメンターリー映画になるとの事。タイトルもずばり、「Don’t Stop Believin’」!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です