永遠の海岸。 村上龍 裏JMM Q:1296

Q:1296
 安倍総理の金融政策ブレーンである、米エール大学名誉教授・浜田宏一氏による、外国特派員協会での記者会見の概要があります。感想があれば、お聞かせください。

 質問にある記者会見の記事を読む限り、とても明快で面白い。僕は浜田氏に100% 賛同する。出来れば日銀の次期総裁に就任して欲しい。

 エルピーダは為替に殺された、制御できないインフレはこない。常日頃、僕はそう思っていた。そこに来て浜田氏は更に突っ込んで、日本銀行がエルピーダをつぶした、日銀はハイパーインフレがくると脅すオオカミ少年、とまで言ってくれているのだから、僕にとっては痛快だ。

 ただ、浜田氏の記事を読んで、鬼の首を取ったかのように大喜びしているわけでもない。何故なら感じていた事が一緒だったというだけで、それが日本経済にとって正解なのかどうか自分でも分からないからだ。

 経済ほど学校で習った事が通用しないものもないと思う。経済に正解はない。顕在化していない些細な要因が何かひとつ加わっただけで、経済の舵取りは180度変わると思う。でも安倍総理や浜田氏の云うように、振り子を逆側に思い切り振ってみる価値はあるのではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です