永遠の海岸。 村上龍 裏JMM Q:1288

Q:1288
 安倍総裁率いる自民党は、デフレや円高からの脱却を最優先として、物価上昇率の目標を2%に設定するとして、そのための日銀法の改正も視野に入れているようです。このような金融政策は、正しいのでしょうか。

 野田さんの衆議院解散表明も唐突だったが、安倍さんのインフレ宣言もかなり唐突だったと思う。だがこの唐突過ぎる2つの発言がセットとなって、後の金融・経済の歴史を動かすのではないかと密かに期待している。

 安倍さんの云うような非伝統的な金融政策には賛否両論がつきものだ。今回も一部というより、かなりの場所で非難ごうごうらしい。では非難する専門家や政治家がデフレと円高を阻止する他の術を持っているのかと云えば、実は持っていないと思う。イロイロと並べた挙句、デフレも円高も悪い事ばかりではないと、最後には論点がすりかわっているのがオチだ。

 本当は小泉構造改革が完結すれば良かったのだ。痛みは大いに伴ったかもしれないが、経済の根幹を変える事が出来たはずた。あの頃より更に国民の体力は落ちている。今から構造改革に立ち向かえる者は少ない。安倍さんの云うような大胆な金融政策に賭けてみるしか残された道はない。

 もう破れかぶれの心境だ。行くトコまで行ってしまえ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です