村上龍 55歳からのハローライフ (2)

 10日程前のJMM で、村上龍が地方新聞の連載小説を書き終えたと言っていた。「55 歳からのハローライフ」の事だ。

 今朝知ったのだが、この小説は神奈川新聞だけの連載だと思い込んでいたら、全国各地の地方紙でも読めたらしい。我が家でも地方紙を購読している。ずっと読みたくて仕方のなかったこの小説が、実は毎朝家に届いていたのか。自分の無知を恥じ、とんでもない後悔の念にかられた。

 僕は新聞を読む習慣がない。初めて森に越してきた頃、あまりに人里離れているため、新聞はお昼すぎに郵便屋さんが配っていた。これでは契約する気にもなれない。それ以来ずっと新聞を読む習慣がない。だが息子が小学校に通うようになると、持ち物として新聞紙が指定される事が多くなった。新聞も購読できない家庭と思われてはあまりに子どもが不憫だという奥様の一言で、現在は契約している。それでも読む習慣は身に付かない。

 結果的に長野県での連載はなかったらしい。それはそれで複雑な思い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です