村上龍 裏JMMの海岸 Q:1260

Q:1260
 わたしは高度成長とともに育ちましたが、当時は、経済が成長し、豊かになっていることを日々実感することができました。今は、あのころより経済規模が格段に大きくなっているにもかかわらず、「経済的に豊かだ」という実感を持ちにくいような気がします。どうしてなのでしょうか。

 経済的な豊かさというのは、別の誰かと自分を比較してはじめて実感する事が出来る。高度経済成長の時は、現在の自分と過去の自分を比較する事で豊かさを実感する事が出来たのだと思う。だが今は違う。

 今は、同時代を生きる他人との比較で、自分の豊かさを確かめようとしている。ご近所に住む誰かさんや、親戚の誰かさん、同僚の誰かさん、子どものクラスメートの誰かさんというように、知り合う者は誰でも自分と一旦比較してみる。これではいつまでたっても経済的豊かさを実感する事は出来ない。何故なら、隣の芝生は青い原則が全員に適用されるからだ。

 TV の弊害も多い。TV ドラマに登場する人物の衣食住の豪華さはいったい何。有名人の豪邸拝見的な興味で見ているうちはいいが、そのうち自分との格差が頭に刷り込まれ、徐々に自分は豊かでないと思い込む。

 経済的に豊かになりたいと思う人はこうすればいいと思う。他人の事を詮索しない、TV を見ない。僕は実践してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です