Pink Martini & 由紀さおり / 1969

 Amazon の輸入盤ニューリリースランキングで由紀さおりが1位。びっくりである。由紀さおりがPink Martini なるバンドと組んで、世界十数カ国でアルバムをリリースするというようなニュースを1カ月ほど前に読んだ記憶があるのだが、まさかAmazon.co.jp で堂々の1位とは!

 Pink Martini が由紀さおりに白羽の矢を立てた理由が洒落ている。中古レコード屋でPink Martini のバンドリーダーが由紀さおりのデビューアルバム「夜明けのスキャット」のアナログ盤を見つけ、そのアルバムジャケットに強烈に惹かれたからというのだ。これぞまさに究極のジャケ買いである。

 問題のアルバム「1969」は、その名の通り1969年の昭和歌謡が満載。そういえば村上龍も昭和歌謡を小説によく登場させる。連載中の「オールド・テロリスト」にはザ・ピーナッツの「恋のバカンス」が登場する。もちろん僕はすぐに口ずさめる。由紀さおりの「1969」収録曲も半分程度は歌える。

 昭和歌謡は確かにイイ。「1969」買ってしまいそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です