村上龍 裏JMMの海岸 Q:1237

Q:1237
 イタリアのIMF 監視の受け入れ、野田総理の「消費税増税」表明など、話題の多かったG20 でした。今回のG20 について、所感をお聞かせいただければと思います。

 国民を蚊帳の外に置いて、まず最初に海外に向けて消費税増税を表明する国家元首というのはいったい何なのか? 

 一方でG20 を挟み、ギリシャのパパンドレウ首相の国民投票発言というのもあった。こちらも摩訶不思議で凡人の理解を遥かに超えている。

 野田総理とパパンドレウに共通しているのは、自国の国民からも海外からも全く信用されていないという事だ。二人の今回の発言はそれにダメを押してしまった。二人にはもう誰も着いて行かない。そんな矢先、パパンドレウが辞任した。ふーんと思っていたら、今度はIMF 受入のイタリア・ベルルスコーニ首相が辞任らしい。次は間違いなく野田総理だろう。

 国家元首に権威がないとG20 の権威も失われる。G20 という枠組み自体が既に下り坂なのかもしれない。いっその事国家にこだわらず、企業経営者や宗教家、スポーツ選手や芸能人など、世界中のありとあらゆる人物の中からファン投票で選出されたベスト20 を会議に送り出したらどうだろう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です