Beatles / Mr. Moonlight

 法的整理もされず、ぬくぬくと存続し続ける東京電力は許せない。TV を見ながらたまたま憤っていたら、突然目の前が真っ暗闇に包まれた。

 昨日の夜の9時である。我が家周辺の森一帯が停電したのだ。あまりの絶妙なタイミングに驚いた。これは電力会社による僕への報復か?

 月明かりを頼りに家族で家の外に出てみた。家の外の方がよほど明るい。こういうイレギュラーな出来事は子供達を喜ばせる。そうこうしているうちに森の住人達が次々とやって来る。自分の目で被害状況を確認し、あわよくば原因箇所さえも自ら突き止めようとしているのだ。森の住人は変人ばかりなので、電気の復旧を家の中でじっと待つというような芸当は出来ない。

 誰もが不安や憤りを口にしつつも、それでいて顔は幾分にやけている。冬の停電は本当に困るが、夏の終わりの停電にそれほど罪はないのだろう。月明かりの下での家族団欒や近所団欒も悪くない。電気は10時半頃に復旧した。電力会社への僕の怒りもその頃には消えていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です