村上龍 希望の国のエクソダス (23)

 本日の午後、ホリエモンが収監されるらしい。懲役2年6月の実刑なので、少なくとも2年以上は服役するという事か。

 証券取引法違反に問われたライブドア事件は、非常に構造が複雑だ。一般の方で具体的にどのような罪だったかをきちんと言える人は少ないと思う。もちろん司法の判断なので、異論があるわけではない。ただ僕にとって何となく釈然としない気持ちである事も確かだ。

 僕はライブドアのような新興企業が、遠慮無く活躍できる世の中が好きだ。ホリエモンのような人物が、大手を振って闊歩する世の中が好きだ。一方、東京電力のようにあれだけの大きな事件を起こしておきながら、法的整理もされず、株主も債権者も経営者も従業員も、皆が保護されてしまうような世の中は本当に大嫌いだ。ライブドアがニッポン放送を買収しようとした時に感じた胸の高鳴りを、僕は一生忘れないと思う。

 小さな正義が貫かれた代わりに、大きな希望が失われたと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です