村上龍 オールド・テロリスト (1)

 先日、コメントで教えてもらったのだが、村上龍が文藝春秋で連載を開始した。タイトルは「オールド・テロリスト」だ。

 僕は村上龍をほとんど全て読んでいる。だが恥ずかしながら連載時点から読んだ事のある作品は、ひとつを除いて全く無い。単行本の刊行を待って一気に読んだ方が楽しいだろうと勝手に思い込んでいるからだ。

 しかし今回は文藝春秋を買ってしまった。テロリストというタイトルに強く惹かれたのだ。テロリストと聞いて心が騒がない人はいない。僕は直ぐ様「半島を出よ」を連想した。そして半島を思い浮かべた瞬間に、注文をクリックする指が動いていた。文藝春秋を手に取るのは十数年ぶりだ。

 分厚い文藝春秋で該当ベージを探し出し、「オールド・テロリスト」の最初のページをサッと読んだ。あれっ、もしかしてこの作品の主人公って。確認したところ名前も同じ。大好きな「希望の国のエクソダス」の語り手と同一人物だったのだ。文藝春秋を買ってみて本当に良かったと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です