Rolling Stones / Beggars Banquet

 1984年の夏から1985年の夏までの1年間、Stones 経由で悪魔の力を借りながら、僕は受験勉強に励んだ。当時はCDプレーヤーが世に登場したばかり、当然ながら貧乏人はStones を33回転LPレコードで聴いていた。

 1年ほど前だがこんな記事を目にした。1970年前後のStones のスタジオには魑魅魍魎が宿っていた。Beggars Banquet からExile on Main St. までのスタジオ4作において、はっきりと魑魅魍魎の存在を確認する事が出来る。そして記事は更にこう続いた。しかしながら最新の技術によりリマスターを繰り返されたCD に、かつての魑魅魍魎の姿は微塵もない。

 この記事は衝撃的だった。やっぱりあの頃聴いていたStones のLP に悪魔がちゃんと居たんだという驚きと喜び。そして現在僕がせっせと集め聴いているリマスターCD に、もはや悪魔の力など無いという落胆。

 考えて見ればゼロかイチかというデジタルの世界に、ゼロでもイチでもない悪魔が入り込めるわけがない。あの頃貧乏で良かったと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です