村上龍 JMM 国を守ろうとしている原発作業員を守ろうとしない国は、やがて世界から孤立する。

 福島第一原発の現場作業員が、おそろしく劣悪な労働環境で作業に従事させられている。この事はネットを中心に以前から話題となっていた。東京電力はなんと酷い会社なのかと、非常に憤りを感じていた。

 国を守ろうとしている原発作業員を守ろうとしない国は、やがて世界から孤立する、というのが本日配信のJMM 。タイトル自体かなりショッキングだが、おそるおそる中身を読んでいるうちに、どうしようもなくやるせない気持ちになり、次第に寒気がするほど怖くなってきた。日本有数の優良企業の実態とはこんなものなのか。これが日本という国の本当の姿なのか?

 冷静な国民の行動に対して海外が寄せた好印象は、政府と東電の稚拙な行動のせいで、今では地に堕ちている。日本を襲った未曾有の危機の正体は地震や津波ばかりではない。政府と東電がそれ以上の危機をもたらしている。そしてそれは今後いっそう顕在化してくるのだろう。

 今日ほど、日本に生まれた事を情けなく感じた日はない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です