Japan / Tin Drum

 Japan のMick Karn が1月4日に癌で亡くなった。52歳との事。昨年の6月から闘病生活だったらしい。まったく知らなかった。

 Mick Karn はフレットレス・ベースプレイヤーだ。フレットレス・ベースといえば、僕等の世代ではJaco Pastorius を思い浮かべる人が多いと思う。しかし僕に関して云えば、圧倒的にMick Karn だ。Jaco に比べればロック寄りであるという事もあるが、やはりJapan でMick Karn を最初に聴いた時のショックがそのまま尾を引いていると思う。とにかくカッコよかった。

 Japan で一番好きなのが1982年の「Tin Drum」。今でもたまに聴く。この音世界は本当に独特で素晴らしい。唯一無二の世界だ。Japan はルックスによるアイドル的人気が先行した事が、かえってマイナスなイメージを与えているのではないだろうか。少なくとも同年リリースのRoxy Music 「Avalon」と同程度の評価がなされてもいいはずだ。孤高の名盤だと思う。

 ご冥福をお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です