Steven Tyler / Love Lives (2)

 アニメ映画「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」を息子たちと見た。去年公開の最新作だ。キムタクの実写版ヤマトに対する予習のつもりで見せた。

 我が家ではアニメのDVD を家族みんなでよく見る。親の都合で見る場合も多い。エヴァ、エウレカ、攻殻、蟲師などは、すべて親の都合で見せた。それでも息子たちはちゃんと着いてきた。だが今回ばかりは気に入らなかったらしい。途中で見るのを止めて遊びに行ってしまった。びっくりである。

 映画はそれほど悪くはなかったが、カッコ良さがなかったように思う。今どきの子ども達のセンスは優れている。カッコよくなければダメだと思う。それにしてもヤマトを受け入れず、攻殻や蟲師を受け入れる小学生というのも、よく考えるとすごい。今どきの小学生はこうなのか、我が子だけなのか?

 このヤマト、エンディングテーマがTHE ALFEE だった。この映画のカッコ悪さを象徴していると思う。こうなれば実写版ヤマトのSteven Tyler が汚名を返上してくれる事を願うのみ。Steven なら大丈夫だろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です