村上龍 歌うクジラ (17)

 村上龍「歌うクジラ」。アンの胸の膨らみ、アンの脚の形状。アンの事ならいくらでも書けるが、リアルワールドにこのブログの存在を知っている者が数名いるので、あまり自分の性的嗜好を暴露するような記事は避ける必要がある。僕の今後の社会生活に支障があってはならない。

 そこでアンから離れてネギダールに話題を移そうと思う。ネギダールは実に村上龍らしくないキャラクターだ。それは彼女のコミカルさにある。村上龍が、シリアスな物語にコミカルな人物を登場させた事はかつてない。アンやサブロウがいかにも村上龍らしいキャラクターなのとは対照的だ。

 「歌うクジラ」の上巻は、読者に対する作家からのサービス精神に溢れていると思う。何故なら事前に欲しいと思っていたモノがすべて詰まっているからだ。数えだしたらキリがないほど揃っている。そしてねだっていないのに、ねだった以上に手渡されたプレゼントがネギダールという気がする。

 サービスの過剰分・ネギダール。多くの読者に愛されると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です