村上龍 歌うクジラ (13)

 村上龍「歌うクジラ」。アキラやアンと行動を共にする登場人物に、サブロウという18歳の少年がいる。怖いもの知らずで型破りな性格。何処にでもいるごく普通の少年であるアキラとは、まったく対照的な存在だ。

 ノーマルな主人公とアブノーマルな相棒という組み合わせは、映画などでもよくあるパターン。しかしそこは村上龍、サブロウのそれは桁違いだ。突然変異による異形で、耳の後ろに空いた穴から猛毒の分泌液を出す。毒は一瞬で人を殺める。描写のグロテスクさもあり、非常に驚きの登場人物だ。

 映画でも小説でも新たな人物が登場する際に、よっ、待ってましたと思える瞬間がある。読者の期待通りである場合や期待値を超えてくる場合だ。アキラもアンもサブロウも人物像が明らかになるに連れ、待ってましたと内心叫んだ。アキラの設定に安心し、アンの登場に歓喜し、サブロウにニヤッとしたのだ。この3人のユニットに、僕は心から満足している。

 言うまでもないが、村上龍ならではのユニットだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です