村上龍 裏JMMの海岸 Q:1139

Q:1139
 この先、日本人が再び「エコノミック・アニマル」と呼ばれるようになる日があると仮定すると、そのとき日本経済はどういった状況になっていると予想されるのでしょうか。

 エコノミック・アニマル。かつて日本人はそう呼ばれ、世界中から思い切り軽蔑されていた。しかし今思えば何とポジティブな響きなのだろう!

 村上龍 裏JMMの海岸。今回の質問の前提条件だが、どうやっても頭の中にイメージする事が出来ない。エコノミック・アニマルと呼ばれるようになる日など、おそらく永遠に来ないのではないだろうか!

 ただこういうケースはあるかもしれない。日本を出て海外に移り、外国企業に競争の末採用された一部の日本人が、その勤勉さを武器に徐々に成績を上げ、外国人の同僚からエコノミック・アニマルと呼ばれるようになる。そして次第にどの国のどの企業でもそういった傾向が概ね見て取れるようになる。エコノミック・アニマルは何十年ぶりに日本人を指す言葉として復活するが、以前のように企業や資本をバックとしているのではなく、あくまで直接個人に向けられた言葉となる。日本国内に居住する人を指す事は無い。

 このような若者が少しずつ増えてくればイイと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です