John Lennon / Double Fantasy Stripped Down

 生誕70周年を記念して、最新リマスター、ボックスセット、ベスト、テーマ別ベスト等、続々とリリースが決まっているJohn Lennon。

 これらの中に一風変わった企画がある。「Double Fantasy Stripped Down」。Stripped Down という単語はあまり聞き慣れない。Stones のアンプラグドに「Stripped」というのがあったが、同じニュアンスなのだろうか。スタジオ盤をStripped するというのはどういう事だろう?

 その答えは驚いたことに文字通りだった。「Double Fantasy」の中から不要なインストルメンタルを剥ぎ取ったのだそうだ。ヨーコ曰く、ジョンの素晴らしいヴォーカルを再発見できるように、楽曲と声を出来るだけシンプルな形にしたかった。その為の不要パートの削除という事らしい。

 リミックスとプロデュースはヨーコとJack Douglas。この二人だからいいが、普通は許される行為ではないと思う。その反面、シンプルになった音を聴いてみたいという衝動にも駆られる。名企画なのか、迷企画なのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です