Sex Pistols / The Great Rock ‘n’ Roll Swindle

 Sex Pistols が世に出た時、なかなか認める事が出来なかった。こんなものは音楽ではないと思った。そうこうしている内アッという間にPistols は解散、パンクロックムーブメントもいつの間にか終わっていた。

 今から10年程前だと思うが、SHOW-YA の寺田恵子がTV でPistols の曲を歌っていた。これがおそろしくカッコよかった。今から思えばPistols だからというより、寺田恵子本人がカッコよかったのだと思うが、少なくともこの事がPistols をもう一度聞いてみようと思うきっかけとなった。

 恐る恐る聞いたPistols は意外にも悪くなかった。というか逆に音に乗る事が出来た。バスドラとスネア、それに歪んだギターが鳴ってさえいればそれだけでロックなのだと初めて感じた。Pistols に乗る事が出来たという事実は大きい。僕の中でロックを定義していた枠が、この時はずれた。

 Pistols のドキュメンタリー映画「The Great Rock ‘n’ Roll Swindle」のデラックス盤がリリースされる。2010年に聴くPistols はどんなだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です