村上龍 歌うクジラ

 村上龍が坂本龍一と組んで新作「歌うクジラ」をiPadアプリ化!

 著名小説家が自らの新作小説を電子書籍としてリリースする。ついにこのような時代が到来した。ニュースにまずは驚いたわけだが、先陣を切ったのが村上龍という点で、妙に納得してしまった。このような事に村上龍はめっぽう早い。ちょうど10年前の「共生虫オンデマンド」を思い出した。

 音楽をダウンロードして持ち歩くという事に何の抵抗もなくなったように、本においても容易に受け入れられていくのだと思う。何年か後には主流となっているのかもしれない。しかも今回の「歌うクジラ」のように紙媒体に先行発売し、坂本龍一のような音楽家が音楽を付けているなどというサービスが当たったりするようだと、その流れは加速するのだと思う。

 だがここで大いなる問題が発生している。僕はiPad を持っていないのだ。村上龍を発売日に購入するという至極の楽しみを続けていくには、iPadを購入しなければならない。もう時間がない、決断を迫られている!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です