村上龍 KYOKO キョウコ Ex2

KYOKO (集英社文庫)
KYOKO (集英社文庫)

posted with amazlet at 10.06.30
村上 龍
集英社
売り上げランキング: 409866

 インディアン嘘つかない!

 6月も終わろうとしている。6月に記事が1本もないとそれはそれで寂しいので、超多忙にもかかわらず記事を書いてみる。きっと世の中はワールドカップサッカーの話題でもちきりだろう。でも僕は違う話題。

 最近飲んでいる時に、スピリチュアルな事に詳しい友人からこう言われた。「Mute さんの魂はインディアンである」。...魂がインディアンとはどういう事だろう。前世がインディアンという事なのか、はたまたインディアンの背後霊でも憑いているというのか? 彼は必要以上の事は語らず、別の友人によって話題が違う方向に飛んでしまい、詳しい事は聞きそびれてしまった。

 実は意外なことに、その事に対して全く違和感を感じなかった。むしろ僕は納得してしまったのである。考えてみれば写真や映像等でネイティブアメリカンな風景を目にした時、懐かしいと感じた事が幾度もある。心が落ち着き妙に和むのだ。ひょっとしたら本当に僕はインディアンかもしれない。

 ☆ 村上龍 著作リスト (年代順)
 ☆ 村上龍 著作リスト (五十音順)

6 Replies to “村上龍 KYOKO キョウコ Ex2”

  1. おひさしぶりです、インディアンだったんですか、じゃあハゲる心配はないですね、ぼくも自分の魂は〇×△人だとずっと以前から思っているのですが、機会があればその友人さんにぼくの顔写真見せて魂見てもらってはくれませんか?万が一同じ〇×△人と言われたら、ぼくの中の確信も強まるので。ではまた。

  2. おはようさん! 久しぶり!そうなんです、僕の場合はいまだに頭はフサフサです。っていうか、インディアンってハゲないの?(笑)ゴロちゃんの〇×△人とは、何人でしょうか? 以前から自覚症状があるのなら、〇×△人の可能性は高いでしょ!僕の友人はその手の能力があまり高くないので、〇×△人というところまでしか分からないらしいのですが、能力の高い友人の友人は、更にもっと具体的に誰の魂かという事を言い当てるらしいです。(笑)

  3. こんにちは、お久しぶりです。更新がないので、私もどうしたのかと思っていましたよ。(~_~)夕べ「songs to soul」というBSのTV番組内容が「ハートに火をつけて」だったのでDoorsが登場していて「ああジムモリソンさんって村上龍さんの背後霊だったけな」と思っていたところでした。ほぉ~、、、Muteさんはインディアン関連だったんですね。小説家って嘘が上手そうですね。特に村上龍さんなんか完璧な嘘つけそうです。笑(^^♪

  4. こんにちは。村上龍のジムモリソンもかなり強力だと認めますが、僕だってジェロニモですからね。負けませんよ!(笑)

  5. そうなんだ! そういえば以前にも言ってたよね。インディアンもそうだけどユダヤ人も世界の中ではマイノリティで、歴史的に多くの迫害を受けてきた。反面、そういう歴史があってこそ突出した人物が出る可能性が高い。村上龍的に言えば、「ヒーローはマイノリティの中からしか生まれない」です。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です