Rolling Stones / Exile on Main St. (3)

 巷で話題騒然という感じの、Rolling Stones のユニバーサル版リマスター「Exile on Main St.」について新情報を見かけました。

 デラックスエディションとスーパーデラックスエディション(BOXセット)には、以前の記事でも書いたように10曲の未発表音源が含まれるのですが、なんとそれに、Mick とKeith が新たに手を加えているというんです。Mick はヴォーカルとパーカッションを、Keith はギターをかぶせてるらしいです。

 ビッグネームの未発表音源発掘には音楽業界も余念が無く、その度にファンを喜ばせてるわけですが、そこにアーティスト側が新たに音を加えるというのは滅多にない事。ましてStones に限っては初じゃないでしょうか。更にこの10曲のためにDon Was をプロデューサーとして指名しています。Mick とKeith の「Exile on Main St.」への想い入れの深さを感じますね。

 アーティスト側が本気になっている時のリイシュープロジェクトに関しては、ファンは何も考えず速攻買いです。間違いなく後悔はない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です