Nirvana

 上村愛子はやっぱりカッコよかった。そしてバックに流れていたNirvana の「Smells Like Teen Spirit」も、やっぱりカッコよかった。

 90年代前半、僕はNirvana に入り込めなかった。Nirvana のみならずグランジで括られていた音楽はすべてスルーしてしまった。Nirvana を聴くようになったのは、Kurt Cobain が亡くなってから何年も後の事だ。惜しい事をしたと思う。リアルタイムで体験していればどんなに素晴らしかったことか!

 Nirvana に入れなかった原因は分かっている。Guns N’ Roses の呪縛から解き放たれていなかったからだ。残念ながら音楽の趣味はそう簡単には変化してくれない。新しいムーブメントに乗れない事はしょっちゅうだ。そういえば遥か昔、Sex Pistols にも乗れなかった。この時の呪縛はLed Zeppelin だった。騒ぎが静まった頃、その良さに気付くのはやはり惜しい。

 もし仮に「Smells」が上村愛子本人の選曲だとしたら、あまりにカッコ良すぎて、言葉も何も、溜息しか出ないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です