David Bowie / A Reality Tour

 会社で親しかった女性が退社する事になった。結婚や出産、または次の就職先が決まって退社するような場合は簡単に受け入れられるのだが、次の事など何も決まっていないのに、理不尽な理由によって退社せざるを得ない女性を見るのはつらい。そして仲が良かっただけに寂しい。

 最近リリースされたDavid Bowie のライヴ盤「Reality Tour」。2004年のもので、当時DVD でも発売されていた。何故この時期にあらためてCD をリリースするのか不明だが、DVD を所有していなかったので買ってみた。

 どの年代からもくまなく選曲されており、まさにオールタイムベストという内容。2枚組でかなり長い収録時間だが、完全に没頭した。あっという間の3時間に思えた。それぞれの曲にそれぞれの僕の思い出がある。

 過去の出来事に思いを馳せながら、「Five Years」の頃には感極まっていた。そして「Ziggy Stardust」のギターイントロで、退社していく彼女の事が頭をよぎった。この曲はいつもそうだ、とても冷静ではいられなくなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です