村上龍 コインロッカー・ベイビーズ Ex6

 新型インフルエンザによる外出禁止令の発令、一家全員が家に閉じ籠もった結果、「交響詩篇エウレカセブン」を最後まで見てしまった。

 素晴らしいアニメだと思った。後半部分では涙をこらえるのが大変だった。家族と一緒でなければ大泣きしてたかもしれない。このアニメがどのような内容でどのような評価を受けているかなど知る由もなく、パッケージに惹かれて見始めただけだったので、ものすごく得をした感じである。

 敵側のヒロインであるアネモネだか、そのキャラクター設定のわりには登場場面が少なく、村上龍「コインロッカー・ベイビーズ」ファンの僕としては歯がゆい思いをしてたのだが、最後に行くにつれ存在感が増し、結局のところ、アネモネのラストシーンが一番のお気に入りとなったくらいだ。

 僕は「コインロッカー・ベイビーズ」のアネモネが大好きだ。名前が同じという理由だけで「エウレカセブン」のアネモネに課されたハードルは、僕にとって高い。アニメのアネモネは最後の最後にそのハードルを飛んでみせた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です