村上龍 裏JMMの海岸 Q:1035

Q:1035
 日本航空の再建計画が話題になっています。わが国には、もう1つ全日空という航空会社がありますが、日本航空は、国を挙げて救済するほど、必要な企業なのでしょうか。

編集長 村上龍 ジャパン・メール・メディア

 村上龍 裏JMMの海岸。JALの歴代経営者にこれだけは言っておきたい、恥を知れ。

 アメリカの大手金融機関にはじまって、GMやクライスラー、日本ではJAL。民間企業であっても一定規模の企業が経営に失敗したら、国家が救済の手を差し伸べる。非常に高度に発展し成熟した経済はそれを常識とするのか。おかしくないですか。僕は断固として救済反対です!

 これらの企業の経営者や従業員は、経営が順調な時には、信じられないほど高額な報酬を堂々と取ってましたよね。それこそ皆の羨望の的です。でも民間企業であるが故に、誰も文句を言うことは出来なかった。それが経営難に陥った。本来であれば、先のリターンと同じ振幅のマイナスリターンがあって然るべきで、過去の蓄財を放出するくらいの事は起きても不思議ではないでしょ。それなのに税金を使って救っちゃうんですよ!

 まさにノーリスクハイリターンの世界です。公務員よりも質が悪い。何のリスクも取らないでぬくぬくと生きる人達が、僕は大嫌いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です