村上龍 裏JMMの海岸 Q:941

Q:941
 世界経済が縮小する中、日本のメーカーでは、派遣労働者や期間工が真っ先にクビを切られているようです。わが国の雇用を維持する対策ですが、本当に可能なのでしょうか。

編集長 村上龍 ジャパン・メール・メディア

 村上龍 裏JMMの海岸。派遣切りや内定取消のニュースを目にするたびに、おそろしく暗い気持ちになります。このような事は今までもあったんでしょうけど、最近行われている事といったら、容赦がないですよね!

 どうしてこんな世の中になっちゃったんでしょうね。雇用の問題に関して希望のようなものが何一つ見えないです。企業側を責めたってしょうがないことを、すべての国民が分かっているんですよ。なので、余計に暗い!

 っていうか話が逸れますが、平均を遙かに超えるような高額の収入を得ている看板キャスターが、派遣労働者と一緒になって怒りを露わにしている映像、これ、見ていてシラけませんか。ある日突然職を失う、内定を取り消される、経験した者でなければ本当の恐怖は分からないですよ。メディアのメーンストリームにいる人に分かるワケがない!

 世界全体が社会主義化しているとはいえ、企業の経営責任をすべて免除してあげない限り、いかなる政策も無力だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です