村上龍 裏JMMの海岸 Q:939

Q:938
 アメリカ政府は、GMなど、俗にビッグスリーといわれる自動車メーカーを救済すべきなのでしょうか。

編集長 村上龍 ジャパン・メール・メディア

 お久しぶりです、村上龍 裏JMMの海岸。GM、フォード、クライスラー、これ、大きすぎて潰せな~い、って事ですか?

 はっきりいって、救済すべきではないと思いますよ。この3社は完全に過去の会社であって、もし仮に今回救済されたからといって、これからの未来において活躍する場は来ないと思います。だって販売されてる車を見ればおそろしくカッコ悪いじゃないですか、乗りたいと思わないでしょ?

 アメリカ政府は思い切って線引きすべきですよ。これでもかと徹底的に救済すべきは金融機関のみ、他はいっせいに潰れてもらうという事です。そりゃ、ビッグスリーが破綻したら大変な事になると思いますよ。でもしょうがないんです。生き残った方がかえって大変なんです。大きすぎて潰せないなんて迷信です。あれっ、もしかしたら大きすぎて救えない、が本音か?

 そういえば、お世話になっているAmazonのクレジットカードですが、年内で失くなるんですよ。発行元のcitiの影響でしょ。citiは救って欲しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です