村上龍 vs 村上春樹 ウォーク・ドント・ラン 7

 芥川賞受賞「限りなく透明に近いブルー」。村上龍はこの印税で、まず何を買ったか。「村上龍 vs 村上春樹 ウォーク・ドント・ラン」。

 「芥川賞をとって印税が入ってきたでしょう、僕はね、昔からね、お金が入ってきたら銅のフライパンを買おうと思ってたんですよ。綺麗なの買ってきて、それでベーコンエッグを朝食べようと思ったわけ。それはきっとシャレた生活だろうと思ってたんですよ。で、買ったの。銅の1万2千円ぐらいの綺麗なフライパンなんですよ。で、ベーコンエッグ、それで3ヶ月食ったんですよね」。

 という事で、正解は、銅のフライパンです。う~ん、確かにシャレた生活ですよね。目玉焼きではなくてベーコンエッグというのがイイですよね。銅のフライパンだとやっぱり味も違うんでしょうか。料理をしないもんですからよくわかりませんが。あっ、鉄のヤカンなら我が家にもありますよ。

 でも、ある日、例の奥様が、ネコのトイレの砂を、そのフライパンを使って乾かしてたらしいです。こうやって、男の夢が散っていくんですよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です