村上龍 イン ザ・ミソスープ Ex2

 村上龍「イン ザ・ミソスープ」、ヴィム・ヴェンダースによる映画化の続きです。ニュースによるとフランク役はウィレム・デフォーとの事。

 ウィレム・デフォーといえば、最近では「スパイダーマン」の悪役ゴブリンが有名ですよね。僕としてはやっぱり「プラトーン」ですけど。ところでこのキャスティング、どうですかね。フランクのイメージからするとちょっと華奢な感じがしませんか。ただ顔についてはどんピシャですよね。深い怖さが滲み出ている顔ですから。神経質そうな感じもピッタシです。

 問題はケンジですよね。誰が演じるんでしょう。きっと日本人が演じるんですよね。ケンジのカッコよさを思いっきり表現できる人を期待したいです。

 それにしても、あのお見合パブの殺戮場面を映像で目撃する事になるわけで、それを思うとドキドキしますね。これも村上龍ファンの試練だと思って、勇気を振り絞って見るしかないですね。あっ、いまだに映画「オーディション」は見ることが出来ないでいます、怖すぎて怖すぎて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です