村上龍 イン ザ・ミソスープ Ex1

 昨日なんですけど、カンヌからスゴいニュースが入ってきましたね。ヴィム・ヴェンダース監督が、次回作に村上龍「イン ザ・ミソスープ」を原作にした映画「The Miso Soup」を手掛けるというニュースです。仏独合作です。

 いやぁ、ホントにびっくりしました。「イン ザ・ミソスープ」が映画化されるという事実もさることながら、監督がヴィム・ヴェンダースだっていうのが、あまりにどんピシャな感じがして更にびっくり。商業的ヒット作が少ないにもかかわらずカルト的人気があり、ハリウッドとは常に対極にあるようなヴィム・ヴェンダースと村上龍の組み合わせ、これは最高にカッコいいですよ!

 ヴィム・ヴェンダースといえば「パリ、テキサス」、Ry Cooderがこの音楽を担当してますね。で、Ry Cooderといえばキューバ音楽の「Buena Vista Social Club」。で、このドキュメンタリーを撮ったのがヴィム・ヴェンダース。キューバ音楽といえば村上龍、で、その村上作品を撮るのがヴィム・ヴェンダース。

 どうですか。なんか撮るべき人が撮るような気がしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です