村上龍 ラブ&ポップ 3

 村上龍「ラブ&ポップ」。夏休みのある日、裕美と知佐・千恵子・奈緒の仲良し4人組は水着を買いに行きます。そして偶然にも渋谷109のジュエリーショップで128,000円のインペリアル・トパーズの指輪を目にし、それに衝撃を受けた裕美はどうしても今日中にその指輪を手に入れたい。

 「アンネの日記のドキュメンタリーを見て心がグシャグシャになった。それが翌日にはシャンプーできれいに洗い流したみたいに心がツルンとして、自分の中で何かが済んだような感じになってしまっているのがイヤだった」。

 「明日には必ず驚きや感動を忘れてしまう。大切だと思ったことが寝て起きてテレビを見てラジオを聞いて雑誌をめくって誰かと話をしているうちに本当に簡単に消えてしまう。やりたいことや欲しいものはそう思った時に始めたり手に入れようと努力しないと必ずいつの間にか自分から消えてなくなる」。

 びっくりするほど明るい発想ですよね、こんなふうに思える子ってそういないでしょ。読者が裕美を好きになってしまう最大の理由はコレ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です