村上龍 vs 村上春樹 ウォーク・ドント・ラン Ex

 村上龍 vs 村上春樹「ウォーク・ドント・ラン」。村上×2、なのに文庫化もされず絶版っていうのがそそられます。今日のamazonユーズドの最高販売値は20,000円ですね。昨日の50,000円の商品はどうしたんでしょ、売れたとか。かつて100,000円で売られているのを目にしたこともありますよ。

 この作品の時価ですが、aucfan.comで調べると4,000円~6,000円というのが相場のようです。オークションに頻繁に登場しているところを見ると流通量は多そうです。やはり真の激レアは「友達のラリルレロ」ですかね?

 ところでこれを高値で売り抜ける時期ですが、映画「コインロッカー・ベイビーズ」が欧米において超カルト的人気を得るときと秘かにふんでます。映画「ブレードランナー」と原作者Philip K Dickのようなカンジになるのではないかと。その時、村上春樹のノーベル文学賞受賞は必要最低条件ですよ。そして村上龍政界進出、更に内閣総理大臣就任。あっ、コレはない?

 いずれにしても、Buy and Hold あるのみ。ゴールは意外に近い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です